学術論文

2015

  • Kimata, Y. Asai, R. Honda, T. Tanaka, H. Ishii, R. Miyajima
    Ground Subsidence Following Groundwater Drawdown by Excavating of 500 m Deep Investigation Shafts in Granite Body in Mizunami, Central Japan in 2004-2012

    Engineering, 2015, 7, 424-433
  • Ohkura T., T. Tabei, F. Kimata, T. C. Bacolcol, Y. Nakamura, A. C. Luis, Jr., A. Pelicano, R. Jorgio, M. Tabigue, M. Abrahan, E. Jorgio, E. Gunawan,
    Plate Convergence and Block Motions in Mindanao Island, Philippine as Derived from Campaign GPS Observations,
    Journal of Disaster Research Vol.10 No.1,59-66, 2015.

2014

  • Gunawan E., T. Sagiya, T. Ito, F. Kimata, T. Tabei, Y. Ohta, I. Meilano, H. Z. Abidine, Agustan, I.Nurding, D. Sugiyantog,
    A comprehensive model of postseismic deformation of the 2004 Sumatra–Andaman earthquake deduced from GPS observations in northern Sumatra,
    Journal of Asian Earth Sciences, 88, 218-229, 1 July 2014.
  • Rahma N. H. , T. Sagiya, F. Kimata, J. Efendic, H. Z. Abidind, I. Meilano,
    Interplate coupling model off the southwestern coast of Java, Indonesia, based on continuous GPS data in 2008–2010,Earth and Planetary Science Letters, 401, 159-171, 1 Sept. 2104
  • Mulwa J. K., Fumiaki Kimata, 2014,
    Tectonic structures across the East African Rift based on the source parameters of the 20 May 1990 M7.2 Sudan earthquake
    Natural Hazards, February 2014

2013

  • Nguyen Anh Duong, T. Sagiya, F. Kimata, Tran Dinh To, Vy Quoc Hai,  Duong Chi Cong, Nguyen Xuan Binh, and Nguyen Dinh Xuyen,2013,
    Contemporary horizontal crustal movement estimation for northwestern Vietnam inferred from repeated GPS measurements,
    Earth, Planets and Space (EPS), Vol. 65 (No. 12), pp. 1399-1410, doi:10.5047/eps.2013.09.010
  • Mulwa J. K., F. Kimata and Nguyen A. Duong, 2013,
    Seismic Hazard. Kenya:
    A Natural Outlook (Geo-Environmental Resources and Hazards) (Editors; Paolo Paron, Daniel Olago and Christian Thine Omuto), Vol. 16, Elsevier, pp. 267-292,2013, ISBN: 978-0-444-59559-1
  • Mulwa J.K., F. Kimata, S. Suzuki, Z.N. Kuria, 2013,
    The seismicity in Kenya (East Africa) for the period 1906–2010: A review,
    Journal of African Earth Sciences. 89, 72–78.
  • Takano K., and F. Kimata, Reexamination of the fault slip model of the 1891 M8.0 Nobi earthquake: 2013, The first earthquake detected by a geodetic survey in Japan, Earth Planets Space, doi:10.5047/eps.2013.04.002

 

2012

  • Nurhasan; Sutarno, D.; Bachtiar, H.; Sugiyanto, D.; Ogawa, Y.; Kimata, F.; Fitriani, D.
    Resistivity structure of Sumatran Fault (Aceh segment) derived from 1-D magnetotelluric modeling
    International Conference on Physics and its Applications: (ICPAP 2011). AIP Conference Proceedings, Volume 1454, pp. 150-153 (2012).
  • T. Ito, E. Gunawan, F. Kimata, T.Tabei, et al.,
    Isolating along-strike variations in the depth extent of shallow creep and fault locking on the northern Great Sumatran Fault,
    J. Geophys. Res., doi:10.1029/2011JB008940, 2012.
  • Agustan, F.Kimata, Y.E.Pamitro, H.A.Abidin, 2012,
    Understanding the 2007-2008 eruption of Anak Krakatau Volcano by combining remote sensing technique and seismic data,
    International Journal of Applied Earth Observation and Geoinformation, 14, 73-82.

 

2010

  • Agustan, Fumiaki KIMATA, Hasanuddin Z. ABIDIN, Yoga Era PAMITRO
    Measuring ground deformation of the tropical volcano, Ibu, suing ALOS-PALSA data
    Remote Sensing Letters, 1,1, 37-44, 2010
  • Agustan, Fumiaki Kimata
    Ground Deformation Assessment around Toba Lake using DInSAR
    Advances in Geosciences Vol. 19, SE-0067, World Scientific Publishing Co., 2010
  • Masayuki Murasea, Corresponding Author Contact Information, E-mail The Corresponding Author, Takeo Itob, Yoshinari Hayashic, Takeshi Sagiyab, Fumiaki Kimatab and Hidefumi Watanabe
    Spatio-temporal distribution of magma intrusions inducing repeated earthquake swarms off the east coast of the Izu peninsula, central Japan, for 1973-1998
    Journal of Volcanology and Geothermal Research Volume 193, Issues 1-2, 1 June 2010, Pages 25-36

 

2009

  • 高野和友,木股文昭
    1945年三河地震(M=6.8)に伴う地殻変動と震源断層モデルの再検討
    地震,第2輯,第62巻2-3号, 85-96
  • Haruhisa Nakamichi, Hiroyuki Kumagai, Masaru Nakano, Makoto Okubo, Fumiaki Kimata, Yoshihiro Ito, Kazushige Obara,
    Source mechanism of a very-long-period event at Mt Ontake, central Japan: Response of a hydrothermal system to magma intrusion beneath the summit,
    Journal of Volcanology and Geothermal Research, doi:10.1016/j.jvolgeores.2009.09.006, 2009
  • Hasanuddin Z. Abidin, Heri Andreas, Teruyuki Kato, Takeo Ito, Irwan Meilano, Fumiaki Kimata, Danny H. Natawidjaya, Hery Harjono,
    Crustal deformation in Java (Indonesia) using GPS
    Journal of Earthquake and Tsunami, Vol. 3, No. 2 (2009) 77-88

2008

  • Mohd Effendi Daud, Takeshi Sagiya, Fumiaki Kimata, and Teruyuki Kato
    Long-baseline quasi-real time kinematic GPS data analysis for early tsunami warning
    Earth Planets Space, 60, 1191-1195, 2008
  • Nguyen Anh Duong, Fumiaki Kimata, Irwan Meilano
    Assessment of Bathymetry Effects on Tsunami Propagation in Viet Nam
    Advances in Natural Sciences, Vol. 9, No. 6, 2008 (accepted)

 

2007

  • Nuraini Rahma Hanifa, Irwan Meilano, Takeshi Sagiya, Fumiaki Kimata, Hasanuddin Z. Abidin
    Numerical modeling of the 2006 Java tsunami earthquake
    Advances in Geosciences, Vol. 13: Solid Earth, 231-248, 2007
  • Takahashi M., S.Tanaka, R. Kimura, M. Umitsu, R. Tabuchi, T.Kuroda, M. Ando and F.Kimata,
    Restoration after the Sumatra Earthquake Tsunami in Banda Aceh:Based on the results of interdisciplinary research by Nagoya University,
    Journal of Natural Disaster Science, 29, No.2, 53-62, 2007
  • Agustan, D. Nugroho, L. Sumargana, I. Meikano, M. B. Daud, F. Kimata and Y. Djadadihardja,
    The water level changes of the Aneuklaot lake, weh island after the 2004 Sumatra-Andaman earthquake,
    Advances in Geosciences Vol. 13: Solid Earth, 203-213, 2007 
  • Masayuki Murase, Koji Ono, Takeo Ito, Rikio Miyajima, Hitoshi Mori, Hiroshi Aoyama, Hiromitu Oshima, Yuka Yoshida, Akihiko Terada, Eturo Koyama, Toyotarou Takeda, Hidefumi Watanabe, Fumiaki Kimata a, Naoyuki Fujii
    Time-dependent model for volume changes in pressure sources at Asama volcano, central Japan due to vertical deformations detected by precise leveling during 1902-2005
    Journal of Volcanology and Geothermal Research, 164 (2007) 54-75.
  • 安藤雅孝・Irwan Meilano・木股文昭・奥田 隆・田所敬一・中道治久・武藤大介
    2006年インドネシア・ジョクジャカルタ地震のメカニズムと被害
    歴史地震学, 22, 187-193, 2007.

2006

  • 太田雄策・鷺谷 威・木股文昭
    PPPキネマティックGPSの長期安定性評価
    測地学会誌,52,309-318, 2006
  • Ueda, H., T. Matsumoto, E. Fujita, M. Ukawa, E. Yamamoto, Y. Sasai, M. Irwan, F. Kimata
    Geomagnetic changes associated with the dike intrusion during the 2000 Miyakejima eruptive activity, Japan
    Earth and Planetary Science Letters, 245, 416-426, 2006.
  • Ohta, Y., I. Meilano, T. Sagiya, F. Kimata, K. Hirahara
    Large surface wave of the 2004 Sumatra-Andaman earthquake captured by the very long baseline kinematic analysis of 1-Hz GPS data
    Earth Planets and Space, 58, 1-5, 2006.
  •  Murase, M., M. Irwan, S. Kariya, T. Tabei, T. Okuda, R. Miyajima, J. Oikawa, H. Watanabe, T.Kato, S. Nakao, M. Ukawa, E. Fujita, M. Okayama, F. Kimata, N. Fujii
    Time Dependent Model of Magma Intrusion in and around Miyake and Kozu Islands, Central Japan in June-August, 2000
    Jour. Volcanology and Geothermal Research, 150, 213-231, 2006.
  • Irwan M. , F. Kimata, N. Fujii
    Time Dependent of Magma Intrusion Model During the Early Stage of The 2000 Miyakejima Activity
    Jour. Volcanology and Geothermal Research,, 150, 202-212, 2006.

2005

  • Hasanuddin Z. Abidin, H. Andreas, M. Gamal, Ony K. Suganda, Irwan Meilano, M. Hendrasto, M. A. Kusuma, D. Darmawan, M. A. Purbawinata, A. D. Wirakusumah, and F. Kimata
    Ground deformation of Papandayan volcano before, during, and after the 2002 eruption as detected by GPS surveys
    GPS Solut, DOI 10.1007/s10291-005-0009-1, 2005
  • 坂東信人・仮屋新一・木股文昭・中尾 茂・及川 純・渡辺秀文・鵜川元雄・藤田英輔・河合晃司・松島 健, 2005,
    GPS観測による2000年7月14日三宅島噴火前後の地殻変動
    火山,第50巻 第3号,173-182 
  • Yamaoka, Y., M.Kawamura, F.Kimata, N.Fujii, T.Kudo
    Dike intrusion associated with the 2000 eruption of Miyakejima Volcano, Japan
    Bulletin of Volcanology, 67 231-242, 2005. 
  • Ueda., E. Fujita, M. Ukawa, E. Yamamoto, M. Irwan, F. Kimata
    Magma intrusion and discharge process at the initial stage of the 2000 activity of Miyakejima, Central Japan, inferred from tilt and GPS data.
    Geophys. J. Int., Volume 161, Issue 3, Page 891-906, Jun 2005.

2004

  • Hasanuddin Z. A., H. Andreas, M. Gamal, Hendrasto,M., Suganda, O. K., Purbawinata M. A., Irwan M., Kimata F., 2004,
    The deformation of Bromo Volcano (Indonesia) as detected by GPS surveys method,
    Journal of Global Positioning Systems, Vol. 3, No. 1-2: 16-24
  • Kimata, F., R. Miyajima, M. Murase, D. Darwaman, T. Ito, Y. Ohata, M. Irwan, K.Takano, F. Ibrahim, E. Koyama, H. Tsuji, T. Takayama, K. Uchida, J. Okada, D. Solim and H. Anderson, 2004,
    Ground Uplift Detected by Precise Leveling in the Ontake Earthquake Swarm Area, Central Japan in 2002-2004,
    Earth Planets and Space, 12, E45-E48 
  • Darmawan, D., and F. Kimata, 2004,
    Comparison of the stochastic models for double-differenced GPS measurements
    Proceedings ITB, in press 
  • Ohta Y., F.Kimata, and T.Sagiya, 2004,
    Reexamination of the interplate coupling in the Tokai region, Central Japan, based on the GPS data in 1997-2002
    Geophy.Res.Letter, 31, doi:10.1029/2004GL021404,2004 
  • Miyagi, Y., J.T. Freymueller, F. Kimata, T. Sato, and D. Mann, 2004 Surface Deformation Caused by Shallow Magmatic Activity at Okmok Volcano, Alaska, Detected by GPS Campaigns 2000-2002
    Earth Planets and Space, Vol. 56 (No. 10), pp. E29-E32
  • 木股文昭・メイラノ イルワン・深野寛太, 2004
    GPSにより観測された八丈島における地殻変動とそのダイク貫入モデルの推定(2002年8月13-22日),
    火山,49,13-23,2004 .
  • Meilano Irwan , Fumiaki Kimata, Kazuro Hirahara, Takeshi Sagiya and Atsushi Yamagiwa, 2004
    Measuring Ground Deformation with 1-hz GPS Data : the 2003 Tokachi-oki Earthquake (Preliminary Report)
    Earth Planets and Space, 56, 389-393, 2004

2003

  • Furuya M., S. Okubo, F. Kimata, R. Miyajima, I. Meilano, W. Sun, Y. Tanaka, and T. Miyazaki, 2003,
    Mass Budget of the Magma Flow in the 2000 Volcano-Seismic Activity at Izu-Island, Japan,
    Earth Planets Space. 55,375-385, 2003 (2004年度火山学会論文賞受賞)
  • Meilano I., F.Kimata, N. Fujii, S. Nakao, H. Watanabe, S. Sakai, M Ukawa, E.Fujita, and K. Kawai, 2003,
    Rapid Deformation of Miyakejima Volcano on June 26-27, 2000 Detected by Kinematic GPS Analysis,
    Earth Planets Space.55,e13-e16, 2003

2002

  • T.Tabei, M.Hashimoto, S.Miyazaki, K.Hirahara, F.Kimata, T.Matsushima, T.Tanaka, Y.Eguchi, T.Takaya, Y.Hoso, F.Ohya,and T.Kato、2002
    Subsurface structure and faulting of the Median Tectnic Line, southwest Japan inferred from GPS velocity field
    Earth Planets Space. 54, 1065-1070、2002.
  • 高橋浩晃・岡崎紀俊・石丸 聡・森 済・松島 健・渡辺篤志・三浦 哲・中尾 茂・加藤照之・木股文昭・笠原 稔,
    2周波GPS受信機による2000年有珠山噴火前後の地殻変動観測,
    火山,47,161-167,2002.
  • 木股文昭・森済・山本圭吾,
    RTKGPSによる有珠山地殻変動リアルタイムモニター(2000年4月15-30日)
    火山,47,167-170.2002.

2000

  • Kimata F., S.Kariya, M.Fujita, K.Matsumoto, T.Tabei, J.Segawa, A.Yamada. 2000,
    Estimated pressure source in Kozu Island volcano, southern Central Japan, with GPS measurements (July 1996- August 1999),
    Earth Planets Space, 52, 975-978,2000.
  • Iwasaki H., F.Kimura, K.Nakagawa, T.Miki, F.Kimata, S.Shimada, S.Nakao, 2000,
    The influence of the Moisture Gradient on the accuracy of precipitable water derived from GPS data,
    J. Meteo.Soci.JPN, 78, 223-231.

1999

  • Heki K., S.Miyazaki, H.Takahasi, M.Kasahara, F.Kimata,S.Miura, N.F.Vasulenko, A.Ivashchenko and G.An, 1999,
    The Amurian plate motion and current plate kinematics in Eastern Asia,
    J. Geophys. Res., 104, 29147-29155, 1999.
  • Hirose H., K. Hirahara, F.Kimata, N.Fujii and S.Miyazaki, 1999,
    A slow thrust slip event following the two 1996 Hyuganada earthquakes beneath the Bungo Channel, southwest Japan,
    Geophy. Research Letters,26,3237-3240.
  • Takahashi H. M.Kasahara, F.Kimata, S.Miura, K.Heki, T.Seno, T.Kato, N.Vasilenko, A.Ivashenko, V.Bahtiaro,V.Levin,E.Gordeev,F.Korchagin,and M.Garasimenko,1999,
    Veloity field of around the Sea of Okhotsk and Sea of Japan regions determined from a new continuous GPS network data,
    Geophy. Research Letters,26,2533-2536. 
  • 木股文昭・仮屋新一・藤田雅之・松本邦雄・田部井隆雄・瀬川爾朗・山田晃子,1999,
    GPS観測による神津島島内における地殻変動観測(1996年7月-1997年11月),
    火山,44, 13-22

1998

  • Tsuda T., K.Heki, S,Miyazaki, K.Hirahara, H.Nakamura, M.Tobita, F.Kimata, T.Tabei, T.Matsushima, F.Kimura, M.Satomura, T.Kato, and I.Naito,1998,
    GPS meteorology project of Japan-Exploring frontiers of geodesy-,
    Earth Planets Space, 50(10),i-v. 
  • 木股文昭・山内常生,1998,
    光波測距による東海地域における辺長変化(1978-1997年),
    地震,51,229-232.
  • 木股文昭・山田晃子,1998,
    短基線における一周波GPS基線解の短期再現性,
    測地学会誌,44,37ー41.

1997

  • 加藤照之・他29名,1997,
    兵庫県南部地震(1995年1月17日)におけるGPS観測,
    測地学会誌,第43巻,181-207
  • Kimata、F., A.Tealeb, H. Murakami, N. Furukawa, S.Mahmoud, H. Khalil, K.O.Sakr and A. M. HAmdy, 1997,
    The aquaba earthquake of November 22, 1995 and co-seismic deformation in Sinai peninsula, deduced from repeated GPS measurements,
    Acta Geod. Geoph.Hung.,32, 53-71.
  • Hirahara K., T,Nakano et al., (27 persons),1997
    GPS observations of post-Seismic crustal movements in the focal region of the 1995 Hyogo-keb Nanbu Earthquake -Static and Real-time kinematic GPS observation,
    J.Phys.Earth, 44, 301-315.

1996

  • Kato T., Y.Kotake et al., (17 persons),1996,
    Post-seismic crustal deformation associated with the 1995 Hyogo-ken Nanbu Earthquake derived from GPS observation -preliminary analysis of Trimble data-
    J.Phys.Earth, 44, 287-299.
  • 今西将文・木股文昭・稲森信幸・宮島力雄・奥田 隆・高井香里・平原和朗, 1996,
    GPS観測による沖縄先島諸島における水平変動(1994-1995)
    地震,49,417-421.
  • 木股文昭・加藤伯彦・杉山 武,1996,
    1995年11月7日寒冷前線通過時におけるGPS基線解誤差,
    測地学会誌,42,119-122.

1995

  • Kimata F..,J.P.Catene,A.Kubo,T.Terashima, H.Tsuji and Y.Hatanaka,1995,
    Coseismic displacement at Kobe University in the Hyougoken-nanbu earthquake (Jan.17,1995) observed by GPS measurements,
    Journal of national disaster science, volume 16,No.2,59-62.

1994

  • 木股文昭・坂本真一,1994,
    精密暦(CODE暦,GSI暦)利用によるGPS基線解析の長期再現性の向上,
    日本測地学会誌,40,357-365.
  • 木股文昭・宮島力雄・奥田 隆・村田一郎・里村幹夫,1994,
    異なる衛星配置下におけるGPS干渉測位の短期再現性(その2),
    日本測地学会誌,40,287-289.

1993

  • Kimata F., M.Satomura, and Y.Sasaki,1993,
    GPS Measurements in the Tokai Region and Izu Hachijo Island (March 1989-June 1992)-Interplate and Intraplate Crustal Movements in Southern Central Japan-
    Journal of the Geodetic Society of Japan, Vol. 39, NO. 2, 135-150.
  • 木股文昭・中村勝・宮島力雄・奥田隆・藤井巌・青木治三,1993,
    焼岳における地殻変動(1977-1992),
    火山,38,53-55.
  • Japanese University Consortium for GPS Research,1993,
    Crustal Deformation Observed at the Sagami Bay Area, Japan, by means of GPS Interferometry,
    Journal of the Geodetic Society of Japan, Vol. 39, No. 2, 107-119.
  • 木股文昭・広瀬由美・佐々木嘉三,1993,
    GPS基線解水平成分における対流圏の影響,
    測地学会誌, 39, 317-319.
  • 木股文昭・中村勝・宮島力雄・奥田 隆・里村幹夫・佐々木嘉三,1993
    GPSによるユーラシア・フィリピン海プレート境界域における地殻変動の観測(1992年4月ー1993年3月)
    地震, 46, 309-311.
  • 木股文昭,1993,
    GSI精密暦による基線解の長期再現性(1),高山ー八丈基線における1992年4月-1993年1月の基線解,
    測地学会誌, 39, 425-427

1992

  • Kimata,F.,1992,
    Strain Event in 1985-1987 in the Tokai Region, Central Japan.
    J.Phys. Earth, 40, 585-599.

1991

  • Kimata,F., M.Satomura, W.Usui, and Y.Sasaki,1991,
    Preliminary results of crustal motion monitoring by GPS in south part of central Japan (March 1989-March 1991),
    J.Phys.Earth,39,649-659.
  • 木股文昭・佐々木嘉三,1991,
    異なる衛星配置下におけるGPS干渉測位の短期再現性,
    測地学会誌, 37, 359-361.
  • 木股文昭・中村勝・宮島力雄・奥田隆・里村幹夫・臼井和平・佐々木祐治・佐々木嘉三,1991
    中部地方におけるGPS干渉測位ー5衛星運航下における基線決定の再現性ー,
    地震, 44, 1-7.

1990

  • Fumiaki Kimata, Yoshio Sumino, Masaru Nakamura, Rikio Miyajima, Takashi Okuda, Mikio Satomura, Yuji Sasaki, Yoshimi Sasaki

    Repeatable Measurements of Baseline Length by Global Positioning System in Central Japan
    Global Positioning System: An Overview

    International Association of Geodesy Symposia Volume 102, 1990, pp 101-105

  • 木股文昭・中村勝・奥田隆,1990,
    デイファレンシャルGPSによる1点測位の観測精度 ,
    測地学会誌, 36,115-117.
  • 木股文昭,1990,
    異光源の光波測距儀2台による多色光波測距の試み,
    測地学会誌, 36, 119-122.
  • 木股文昭・角野由夫・宮島力雄・奥田隆・石井 絋・村田一郎・加藤照之・大久保修平・松本滋夫・平田安広 ・綿田唇吾・三浦哲・立花憲司・中尾 茂・仁田公市・金沢敏彦・矢吹哲一郎・芝崎文一郎・里村幹夫・佐々木祐治・臼井和平・藤井陽一郎・長坂健一・川合栄治・河合晃治,1990,
    相模湾GPS合同集中観測(1989,1990) -Trimble 4000SDによる観測と解析ー,
    測地学会誌, 36, 155-167.
  • 木股文昭・臼井和平・中村 勝・宮島力雄・奥田 隆・角野由夫・藤井 巌・村田一郎・加藤照之・矢吹哲一郎・金沢敏彦・里村幹夫・佐々木祐治・藤井陽一郎・佐々木嘉三,1990,
    中部・関東地域の南部におけるGPS干渉測位(1989-1990),
    測地学会誌, 36, 219-230.
  • 村田一郎・木股文昭・ほか36名,1990,
    相模湾周辺におけるGPS観測(概論),
    測地学会誌, 36, 23-36.

1989

  • 木股文昭・中村勝・宮島力雄・奥田隆・角野由夫・里村幹夫・佐々木祐治・佐々木嘉三,1989,
    中部地方におけるGPS干渉測位-4衛星運航下における基線決定の再現性,
    地震,42,517-520.
  • 木股文昭・安藤米蔵・青山昌三・小幡隆徳・志津匡三・渡辺清隆,1989
    阿寺断層における水準測量による傾斜変動の観測(1976-1987),
    地震,311ー316.

1988

  • 木股文昭・中村勝・宮島力雄・奥田隆・角野由夫・山田守・里村幹夫・佐々木祐治・佐々木嘉三,1988,
    中部地方におけるGPS干渉測位ー3衛星運航下における基線決定の再現性ー,
    地震,41, 615-618.
  • 木股文昭・中村勝,1988,
    焼岳における辺長測量(1982-1987),
    火山,33, 87-90.

1987

  • 木股文昭・中村勝・宮島力雄・奥田隆・藤井巌・青木治三,1987
    焼岳における局地水準測量(1977-1986),
    地震, 40, 341-347.

1986

  • 木股文昭,1986,
    日の入り前後における接地境界層内の温度差分布,
    測地学会誌, 32, 224-225.
  • 木股文昭,1986,
    光波測距儀の機差の検出ージオジメータ6BLとジオジメータ600の場合ー,
    測地学会誌,32, 140-141.

1985

  • 木股文昭,1985,
    ハンドヘルドコンピュータを利用した光波測距における気温観測システム,
    測地学会誌, 31, 289-290.

1984

  • 木股文昭,
    1983年12月19日の地震(M=4.0)の前後における三ケ根ー蔵王基線の辺長測量,
    地震, 37, 307-309.
  • 木股文昭,1984,
    大気境界層における気温逓減率の日周変化について,
    測地学会誌, 30, 59-60.

1983

  • 木股文昭,1983,
    中部地方南部における光波測距-高富・犬山・浜名湖・三ケ根・向山基線網(1977-1982)-
    測地学会誌, 29, 213-222.
  • 木股文昭・山内常生,1983,
    東海地域における辺長測量(1977-1981),
    地震, 36, 203-211.

1982

  • 木股文昭・藤井巌・中村勝・宮島力雄・奥田隆,1982,
    焼岳における傾斜変動と地震活動,
    火山, 27, 229-237.

1981

  • Research Group for Leveling Across the Atera Fault,1981,
    Tilt observation by precise leveling across the Atera fault, central Japan (1976-1981),
    J.Geod. Soci. Japan, 27, 312-316.
  • 木股文昭・山内常生,1981,
    光波測距における温度補正,
    測地学会誌, 27, 173-182.

1980

  • 木股文昭・藤井巌・中村勝,1980,
    焼岳における精密測量による傾斜観測(1977-1979),
    測地学会誌, 26, 130-131.
  • 木股文昭・山内常生・田中寅夫・細善信,1980,
    2台の光波測距儀による同時比較測距,
    測地学会誌, 26, 128-129.

1979

  • 木股文昭・山内常生,1979,
    豊橋市二川における精密光波辺長測量,
    測地学会誌,25,79-90.

1978

  • 阿寺断層水準測量グループ,1978,
    阿寺断層付近の精密水準測量(その1),
    地球科学, 32,259-261.

1975

  • 木股文昭・山内常生,1975,
    三河地方での光波測量による地殻変動の観測(その1),
    測地学会誌, 21, 142-149.
  • 木股文昭・宮島力雄,1975,
    伊豆半島沖地震の初期の余震活動,
    地震, 28, 285-292.
  • 木股文昭・志知龍一,1975,
    犬山地域の局地水準測量,
    測地学会誌, 21, 1-5

1973

  • 志知龍一・木股文昭・飯田汲事,1973,
    犬山における地殻変動の連続観測(4),
    測地学会誌, 19, 160-170.

報告

2012

2011

2010

2008

  • 木股文昭
    御嶽火山-長い眠りから覚めてもう30年 まだ全体像がつかめない神秘な山-
    震災予防,223(平成20年11月),1-7.
  • 木股文昭
    2004年スマトラ・アンダマン地震津波から3年:地震学としての課題と展望
    2004年北部スマトラ地震調査報告IV,名古屋大学環境学研究科, 3-6,2008
  • Ito T., Agustan, I.Meirano, T.Tabei and F. Kimata
    The construction of new dense GPS observation network: AGNeSS (Aceh GPS Network for Sumatran Fault System
    The 4 th Investigation Report of 2004 Northern Sumatra Earthquake,Graduate School of Environmental Studies,Nagoya University, 83-88, 2008.
  • 木股文昭
    アチェ山中における2004年スマトラ地震津波後の変化
    2004年北部スマトラ地震調査報告IV,名古屋大学環境学研究科,89-92
  • 木股文昭
    津波被災体験の共有化をめざして:シャクアラ大学学生との交流
    2004年北部スマトラ地震調査報告IV,名古屋大学環境学研究科,106-108, 2008

2007

  • 安藤雅孝・Irwan Meilano・木股文昭・奥田 隆・田所敬一・中道治久・武藤大介
    2006年インドネシア・ジョクジャカルタ地震のメカニズムと被害
    歴史地震学, 22, 187-193, 2007.
  • 木股文昭・伊藤武男・太田雄策・メイラノイルワン・田部井隆雄
    インドネシア国スマトラにおけるGPS観測のための予備調査 -スマトラのGPS観測による2004年アチェ・アンダマン地震の滑り分布の推定-
    防災科学技術研究所研究資料,304, 57-67, 2007

2006

  • 木股文昭
    2004年アチェ・アンダマン地震からアチェの鎮魂歌
    名古屋大学環境学研究科「2004年北部スマトラ地震調査報告Ⅲ」,96-100, 2006
  • Irwan M., Y. Ohta, F. Kimata, T. Ito, T. Tabei, D.Darmawan, H.Anderson, H.A.Abidin, M.Kusuma, D. Sugiyanto, Agustan
    Two years GPS observation in Aceh
    The 3rd Invetigation Report of 2004 Northern Sumatra Earthquake, Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University, 7-10, 2006
  • 伊藤武男・太田雄策・Irwan Meilano・木股文昭
    スマトラアンダマン地震の地震学的測地学的な側面からの知見
    名古屋大学環境学研究科「2004年北部スマトラ地震調査報告Ⅲ」, 11-16, 2006.
  • 仮屋新一・伊藤武男・山内常生・木股文昭,2006
    石英管伸縮計で観測された低周波地震活動に関する歪変化
    東濃地震科学研究所報告,20,185-196 
  • Meilano Irwan・安藤雅孝・奥田隆・木股文昭・ Mipi A. Kusuma・Hasannudin Z.Abidin
    2006年5月27日ジョグジャ地震の緊急地震調査
    日本地震学会ニュースレター,Vol.18,No.3, 11-13, 2006
  • Meilano Irwan , Yasaku Oota, Dudy Darmawan, Heri Andreas, Hasannudin Z. Abidin, Mipi A. Kusuma, Didik Sugiyanto, Agustan, Takeo Ito, Takao Tabei, Fumiaki Kimata
    GPS measurement of coseismic displacement in Aceh prov8part2ince after the 2004 Aceh-Andaman earthquake
    Investigation Report of 2004 Northern Sumatra Earthquakes (part 2), Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University, 103-108, 2006
  • Yusaku Ohta, Meilano Irwan, Takeo Ito, Fumiaki Kimata, Takao Tabei, and Didik Sugiyanto
    Crustal deformation following the 2004 Sumatra-Andaman earthquake in the northern Sumatra region (Preliminary Report)
    InvestigationRreport of 2004 Northern Sumatra Earthquakes (part 2), Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University, 109-113, 2006
  • Takeo Ito, Satoshi Kawamoto, Yusaku Ohota, Irwan Meilano, Fumiaki Kimata
    Evaluation of visco-elastic and poro-elastic deformations following 2004 Sumatra-Andaman earthquake
    Investigation Report of 2004 Northern Sumatra Earthquakes (part 2), Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University, 114-119, 2006
  • 木股文昭・伊藤武男・太田雄策・メイラノイルワン・田部井隆雄
    スマトラの GPS 観測から見えてきた滑り分布 :スマトラアチェでの GPS 観測から見えてきた 2004 年アチェ・アンダマン地震の滑り分布
    月刊地球,スマトラ地震特集号, 86-94 ,2006

2005

  • 木股文昭
    津波大惨事の鎮魂歌“アチェ和平”とシアクラ大学との学部間協定
    名古屋大学大学院環境学研究科広報誌KWAN, 11, 11-23, 2006
  • 木股文昭・宮島力雄・村瀬雅之・太田雄策・柏木雅生・大園真子・仮屋新一・山室友生
    御嶽山群発地震域において精密水準測量より検出された地盤の隆起変動 2002 年 4 月 -2005 年 4 月
    東濃地震科学研究所報告,16,71-76, 2005
  • 太田雄策・ Meilano Irwan・伊藤武男・木股文昭・田部井隆雄・Didik Sugiyant
    GPSデータに基づくスマトラ沖地震の余効変動
    地震学会ニュースレター 2005年7月号,21-22, 2005  
  • 木股文昭・鷺谷 威
    水準測量データに基づく1944年東南海地震プレスリップの再検討
    地震予知連絡会会報,162,607-609,2005
  • 木股文昭
    環境学研究科スマトラ地震緊急調査団を組織して
    名古屋大学環境学研究科2004年北部スマトラ地震調査報告,1-6
  • 伊藤武男・木股文昭・ イルワン メイラノ・太田雄策・ 田部井隆雄
    スマトラ沖地震のGPS観測
    地震学会ニュースレター 2005年5月号,15-17 
  • 木股文昭
    岩手山における水準測量
    岩手県「1998年岩手山噴火危機 対処の記録」,岩手県,216-220, 2005

2004

  • 木股文昭・村瀬雅之・宮島力雄・Dudy Darmawan・伊藤武男・高野和友・太田雄策・Irwan Meirano・Herri Anderson David Solim・Fauzan Ibrahim・小山悦郎・辻 浩・高山鐵郎・内田和也・岡田 純, 2004
    御嶽山群発地震域において精密水準測量から検出された地盤の隆起変動 2002年4月-2004年4月
    東濃地震科学研究所報告書 14,7-18,2004
  • 木股文昭・山内常生, 2004
    東海地域の光波基線網で観測されていた 1980 ・ 1988 年前後の膨張の地殻変動
    東濃地震科学研究所報告書 14,3-6,2004

2003

  • 太田雄策・木股文昭, 2003,
    GPS観測による上下変動から考察する2001年東海スロースリップ,
    東濃地震科学研究所報告書, 77-80, 2003.
  • 高野和友・木股文昭・安藤雅孝, 2003,
    1944年東南海地震当日の水準測量から推定するプレスリップモデル,
    東濃地震科学研究所報告書, 81-90,2003.
  • 木股文昭・宮島力雄・村瀬雅之・Meilano Irwan・Dudy Darmawan・David Solim・太田雄策, 2003,
    御嶽山群発地震域における精密水準測量による地殻上下変動(1999-2003年) -屋敷野地区における隆起の上下変動-,
    東濃地震科学研究所報告書,103-108,2003.
  • 木股文昭, 2003,,
    東海地域におけるプレート間カップリングの時間ゆらぎ(1944年東南海地震以降),
    京都大学防災研究所研究集会「プレート間カップリングの時空間変化に関す る比較研究集会.
  • Miyagi, Y., J.Freymuller, F.Kimata, T. Sato, and D. Mann, 2003,
    Surface deformation caused by shallow magmatic activity at Okmok volcano detected by GPS campaigns 2000- 2002,
    Tohoku Geophys. Jour. 5., 535-538.
  • 木股文昭,2003,
    三宅島噴火に伴う地殻変動,
    月刊地球,25,36-40.

2002

  • メイラノ イルワン・ 木股文昭・ 藤井直之・  中尾 茂・ 渡辺秀文・ 藤田英輔・ 鵜川元雄・ 河合晃司・ 村上 亮,2002
    2000年6月26-27日に三宅島火山でGPSにより観測された迅速な地殻変動とダイク貫入モデル,
    月刊地球,特集「活動的火山」,108-114.
  • 村瀬雅之・ 木股文昭・ 宮島力雄・ メイラノ イルワン・ 奥田 隆,2002,
    2000年イベント以降の神津島周辺域における地殻変動と圧力源の推定 ,
    月刊地球,特集「活動的火山」,102-107.
  • 木股文昭・宮島力雄・村瀬雅之・Meilano Irwan・太田雄策,2002,
    御嶽山群発地震域における精密水準測量による地殻上下変動 1999-2002年 ,
    東濃地震科学研究所報告,10, 69-75.
  • 森済・木股文昭・山本圭吾・井口正人・味喜大介・宮島力雄・高山鉄郎・大島弘光・鬼澤真也・鈴木敦生・前川徳光,2002
    有珠火山2000年噴火に伴う地盤変動
    平成12年度科学研究費補助金研究成果報告書「有珠山2000年噴火と火山防災に関する総合的観測研究」,96-102,2002.

2001

  • 木股文昭・宮島力雄・高山鐵朗・山本圭吾・内田和也・中村めぐみ・松島 健・平野舟一郎・八木原 寛・立花憲司・上田英樹・佐藤峰司・植木貞人・辻 浩・小山悦郎・寺田暁彦・森 済・・鈴木敦生・中坊 真, 2001,
    岩手火山における水準測量による圧力源の推定( 1998 年7 月~2000 年5 月),
    京都大学防災研究所年報第44 号B-1, 353-363.
  • 木股文昭,2001,
    東海地域で観測される地殻変動の時間ゆらぎとプレートカップリング,
    月刊地球, 号外33,126-138.
  • 田部井隆雄・木股文昭・大倉敬弘・加藤照之・小竹美子,2001,
    GPS観測から見たフィリピン-インドネシア東部の地殻変動,
    月刊地球,23-1,70-75.
  • 野原 肇・木股文昭・三輪 篤・林 宏和・平原和郎, 2001,
    水蒸気ラジオメータ観測による名古屋上空の大気水蒸気分布-1999 年10-11月,
    東濃地震科学研究所報告,6,85-90.
  • 木股文昭・宮島力雄, 2001,
    御岳群発地震域における水準測量と地殻上下変動(1999 年9 月~2000 年4 月),
    東濃地震科学研究所報告,6,91-96.

2000

  • 木股文昭,2000,
    火山活動モニターとしてのGPS,
    日本航海学会GPS研究会GPSシンポジウム2000,93-102.
  • 木股文昭・田部井隆雄,2000,
    GPS観測による伊豆諸島におけるテクトニクスの研究,
    平成8-10年度科学研究費補助金(基盤研究B2)研究成果報告書,58pp.
  • 木股文昭・田部井隆雄,2000,
    GPS観測による神津・新島周辺の地殻変動とテクトニクス,
    月刊地球,22-12,837-846.
  • 木股文昭,2000,
    GPS・合成開口レーダ・重力観測による伊東市周辺域における地殻変動の総合研究,
    平成8-10年度科学研究費補助金(基盤研究A1)研究成果報告書,31pp.
  • 木股文昭・平原和郎・三輪 篤・野原 肇・仮屋新一, 2000,
    ラジオメーターとGPSによる大気対流圏水蒸気の比較観測,
    平成11年度名古屋大学大気水圏科学研究所共同研究報告書,208-212.

1999

  • Kimata F.,, T.,Matsushima, H.Mori, M.Nakabo, M.Sato, A.Terada, S.Ueki, H..Yagiwara, K.Yamamoto, S. Hirano, E. Koyama, R.Miyajima, A. Suzuki, T. Takayama, T. Takeda, H. Tsuji, and K. Uchida, 1999,
    Pre-seismic, co-seismic and post-seismic deformations in the Iwateken-nairiku-hokubu earthquake, Japan (Sept. 3, 1998, ml; 6.1) -Leveling in epicentral area just before and after earthquake -,
    Proceedings of 9th FIG International Symposium on Deformation Measurements, 27-30 September 1999, Olsztyn, Poland, 57-63.
  • Kimata F.,K.Hirahara and N.Fujii, 1999,
    Time series of interplate coupling in the Tokai region, central Japan deduced from the EDM ranging and leveling data in 1978-1997, Abstract of IUGG 99 Birmingham, A.448
  • Miwa A., and F.Kimata,1999,
    Water vapor distribution in Miyake Island, Central Japan detected by dense GPS measurements,
    Abstract of IUGG 99 Birmingham, B64.
  • Kimata, F.,S.Kariya, M.Matsumoto and M.Fujita, 1999,
    Volcanic deformation in Kozu Island Izu Islands in southern Central Japan, detected by GPS measurements (July 1996-August 1999), 1999, 1999
    UNAVCO Volcano Geodesy Workshop, September 16-18, Jackson, WY. 17
  • 木股文昭・石原和弘・植木貞人・内田和也・小山悦郎・佐藤峰司・鈴木敦生・高山鉄朗・竹田豊太郎・辻 浩・寺田暁彦・中坊真・浜口博之・平野舟一郎・松島 健・宮島力雄・森 済・八木原 寛・山本圭吾・渡辺秀文, 1999,
    水準測量による岩手山南山麓における上下変動(1998年7~11月).
    京都大学防災研究所年報, 第42号B-1, 35-43.
  • 木股文昭・田部井隆雄・大倉敬宏,1999,
    インドネシア北スラベシにおけるジオダイナミクス
    月刊地球,号外25,141-145.
  • 田部井隆雄・瀬川爾朗・木股文昭,1999,
    銭州岩礁におけるGPS観測,
    月刊地球,号外25,166-170.
  • 木股文昭・大学合同水準測量グループ,1999,
    水準測量による岩手山南山麓における上下変動,
    月刊地球,21,5,302‐307.
  • 木股文昭・平原和郎・藤井直之,1999,
    東海地域における地殻変動の時間変化-最近の4-5年変動はプレート間相互作用の変動か-,
    地殻活動予測のための数値シュミレーション(2)講演集,88-93

1998

  • 木股文昭・森済・松島健・山本圭吾・八木原寛・宮島力雄・高山哲朗・辻浩・鈴木淳生・内田和也・佐藤峰司,1998,
    岩手県北西部地震の直前・直後における地殻上下変動-地震発生時の震源域での水準測量,
    地震学会ニュースレター,10,3,18-20.
  • 木股文昭、萬納寺信崇,1998,
    GPS観測における大気遅延の影響,
    気象研究ノート,192,49-59.
  • 江頭庸夫・高山鉄朗・山本圭吾・M.Hendrasto・三木大介・園田忠臣・木股文昭・宮島力雄・松島健・内田和也・八木原寛・王彦賓・小林和典,1998,
    桜島火山周辺における水準測量結果について
    第9回桜島火山の集中総合観測,15-30.
  • 木股文昭・笠原 稔・加藤照之,1998,
    GPS観測による西太平洋・オホーク海周辺域におけるプレート運動の検出,
    月刊地球,20,326-330.

1997

  • Kimata F., I.Murata, F.Ohya, P.Sumitro,1997,
    Comparisons of GPS measurements in West Java and Southwest Japan,
    Proceedings of International Symposium on Natural Disaster Prediction and Mitigation, 197-200.
  • Hendrasto M., T.Eto.,F.Kimata,T.Matsushima,K.Ishihara,1997,
    Magma transport at Mt.Unzen associated with the 1990-1995 activity inferred from leveling data,
    Annuals of Disas.Prev.Res.,Kyoto Univ., No.40.B-1,61-72.
  • 江頭庸夫・他12名,1997,
    姶良カルデラの地盤の再隆起-1991年12月-1996年10月,
    京都大学防災研究所年報,第40号B-1,49-60.
  • 藤井直之・小川克郎・木股文昭・村田正秋,1997,
    面的な火山性地殻活動の新検出方法の確立,
    文部省科学研究費(総合研究A-2)研究成果報告書「面的な火山性地殻活動の新検出方法の確立」,72pp.

1996

  • D.Polonska, M.Harigae, T.Tsuiji, M.Murata, F.Kimata,1996,
    Observed vertical motion of Kozu-Jima Island using interferometric GPS,
    Technical Report of National Aerospace Laboratory TR-1322T, 1-9
  • Kimata F.,1996,
    Crustal movements detected by EDM and GPS measurements in the Tokai region, Central Japan,
    Abstrracts of "Application of laser, GPS, and GIS Tecnologyies in geodesy", Sofia, 13-14 November 1996.67-76.
  • 田中寅夫・中村佳重郎・大谷文夫・木股文昭・大久保修平・里村幹夫・J.Kahar, Bumbum S.,Kosasih P.,Irdam A.,Agung B., Ketut W., Mipi, A.K.,
    Asanuddin,1996,
    ジャワ島西部におけるGPSおよび重力測定,
    京都大学防災研究所年報,39,B-1,1-10.
  • 木股文昭・里村幹夫・村田一郎・加藤照之,1996,
    駿河湾周辺域における地殻水平歪み-時間的な変化(1991-1995),
    月刊地球,号外,42-52.
  • 畑中雄樹・辻 宏道・市川隆一・木股文昭・など9名,1996 ,
    第1回GPS気象学ワークショップ報告,
    天気,43.3.41-46.

1995

  • Takahashi H., N.Vasilenko, F.Kimata et al., (seven persons),1995,
    Coseismic deformation around the northern part of epicentral area oh the 1995 North Sakhalin Earthquake deduced from geodetic observations,
    平成7年度文部省科学研究費補助金 総合(A)「平成7年サハリン北部地震とその被害の調査研究」,191-202.
  • 石原和弘・江頭庸夫・西 潔・松島 健・内田和也・小野博尉・山田年広・吉川 慎・外 輝明・迫 幹雄・木股文昭・中村 勝・宮島力雄・森 済・鈴木敦生,1995,
    地盤変動からみた雲仙火山のマグマ供給システム,
    文部省科学研究費(総合研究A)研究成果報告書「雲仙岳における火山体構造探査の事前調査研究」,53-58.
  • 木股文昭・藤井直之,1995,
    新技術による面的な地殻変動観測からマグマソースへの切迫を-火山帯における稠密GPS+干渉SAR観測による地殻変動の観測,
    文部省科学研究費(総合研究A)研究成果報告書「雲仙岳における火山帯構造探査の事前調査研究」,103-107.
  • GPS大学連合,1995,
    兵庫県南部地震におけるGPS観測,
    文部省科学研究費(総合研究A)研究成果報告書「平成7年兵庫県南部地震とその被害に関する調査研究」,42-54.

1994

  • Kimata F., A.Tealeb, E.M.Ibrahim, N.Hurukawa, H.Murakami, and I. Yokoyama, 1994,
    GPS measurements at Sinai - Red Sea in Egypt (preliminary report),
    Proceedings of Fourth International Symposium on Recent Crustal Movements in Africa, 46-48.
  • Kawanaka M., M.Satomura, M.Imanishi, S.Shimada, F.Kimata, I.Murata and H.Seirizawa,1994,
    Crustal deformation measurements with GPS around the Suruga Bay, Central Japan.
    Proceedings of the Japanese Symposium on GPS (1994), 185-191.
  • Japan University Consortium for GPS Research,1994,
    First Ito GPS Campaign for crustal movements (preliminary report),
    Proceedings of the Japanese Symposium on GPS (1994),177-180.
  • 木股文昭・古川信雄・横山 泉・Ali Tealeb,1994,
    紅海・シナイ半島GPS観測(1994),
    GPS研究会(GPSシンポジウム1994)集録.217-220.
    木股文昭,1994,
    東海地域における高精度なEDMとGPSによる歪み蓄積過程の解明,
    1994年地震予知研究シンポジウム報告集,41-44.
  • Tanaka T., J.Kahar, F.Kimata, I.Murata, S.Okubo, Kamtono, Wedyanto, K.Nakamura, M.S.Ponimin, P.Kosasih, B.Setyadi, S.Miura, K.Villanueva, H.Edwin, A.Sewandito, S.Kurdiantono, P.Augustne, J.Rais, K.Hirahara and S.Suparka,1994 ,
    Monitoring of crustal movements by GPS and gravity change around volcanoes and active fault system,
    Japan-Indonesia Joint Research on Natural Hazard Prediction and Mitigation, 56-72.
  • 加茂幸介・江藤庸夫・西 潔・高山轍朗・石原和弘・小野博尉・外 輝明・迫 幹雄・山田年広・吉川 慎・森 済・鈴木敦生・木股文昭・宮島力雄・中村 勝・松島 健・内田和也・福井理作,1994,
    雲仙普賢岳の噴火活動に伴う地盤変動,
    科学研究費補助金総合A報告書「雲仙岳溶岩ドームの形成と崩落に関する総合的観測研究」,38-53.
  • 木股文昭,1994,
    「押される側の論理」から「押す側の論理」へ-GPSによるプレート境界における地殻変動観測の新局面-,
    月刊地球,vol.16, No.6, 354-357.
  • Kimata F., M.Satomura, Y.Sasaki, I.Murata and K.Fuse,1994,
    GPS measurements in the Tokai region and Izu Hachijo island,
    Proceedings of the CRCM'93,225-227.
  • 田中寅夫・中村佳重郎・木股文昭・村田一郎・大久保修平・三浦 哲・J.Kahar, Pomimin M.S., Kosasih P. Bumbum S., Agocs S.S.,1994,
    ジャワ島西部におけるGPS観測,
    京都大学防災研究所年報,37,B-1,1-6.

1993

  • 広瀬由美・佐々木嘉三・木股文昭,1993,
    対流圏電波遅延補正によるGPS長期再現性の検討ー地表気象データからのホップフィルドモデルによる推測ー,
    GPS研究会(GPSシンポジウム1993)集録,136-141.
  • 木股文昭・里村幹夫・佐々木嘉三・中村勝・宮島力雄・奥田隆,1993,
    GPSによるプレート境界域における地殻変動の観測 ー八丈・東海連日観測から1年ー,
    GPS研究会(GPSシンポジウム1993)集録, 23-26.
  • M.Satomura, T.Shindo, H.Suzuki, M.Imanishi, F.Kimata, T.Kato, I.Murata, E.Ohaba, K.Kudou, W.Usui, and M.Masunaga, 1993,
    Crustal Deformation Measurements with GPS around the Suruga Bay, Central Japan,
    Proceedings of the Japanese Symposium on GPS (1993), 17-22.

1992

  • 木股文昭,1992,
    GPS干渉測位と光波測距による三河湾周辺地域における地殻歪みの集積過程の解明-最終報告-,
    I.F.Report, 278-284.
  • 木股文昭,1992,
    プレート境界域におけるジオダイナミックな地殻変動の観測をめざしてー名古屋大学におけるGPS観測の戦略と戦術ー,
    シンポジウム「これからの地殻変動研究・観測と地震予知」集録, 9-14.

1991

  • 木股文昭,1991,
    GPS干渉測位精度に影響する観測点座標誤差の評価,
    経緯度研究会集録, 12-15.
  • 木股文昭・臼井和平・河合晃司,1991,
    GPS観測手法確立における短距離VLBI基線の果たす役割,
    KNIFEシンポジウム集録, 56-59.
  • 木股文昭・中井新二・田村良明,1991,
    疑似スタテイックGPSにおける短期再現性,
    GPS研究会(GPSシンポジウム1991)集録, 89-93
  • 木股文昭・石井 絋・村田一郎・加藤照之・三浦 哲・矢吹哲一郎・金沢敏彦・里村幹夫・臼井和平・藤井陽一郎,1991,
    相模湾合同GPS観測による地殻変動の観測(1988年12月-1990年12月,序報),
    GPS研究会(GPSシンポジウム1991)集録, 211-215
  • Usui,W., F.Kimata, and M.Satomura,1991,
    Accuracy of GPS measurements analyzed with the broadcast ephemerides,
    Proceedings of the Japanese Symposium on GPS (1991), 84-88.
  • 仙石新・河合晃司・佐藤勲・福島登志夫・木股文昭・里村幹夫・臼井和平・工藤君明 ,1991,
    下里-沖縄基線におけるGPSの基線決定確度についてーSLR成果との比較,
    GPS研究会(GPSシンポジウム1991)集録, 211-215.
  • 里村幹夫・臼井和平・佐々木祐治・大場英司・木股文昭・大見士朗・関口渉次・島田誠一・矢吹哲一郎・加藤照之・村田一郎,1991,
    駿河湾周辺のGPS測量,
    GPS研究会(GPSシンポジウム1991)集録, 179-183.

1990

  • 木股文昭・中村勝・宮島力雄・奥田隆・里村幹夫・臼井和平・佐々木嘉三,1990,
    中部地方におけるGPSによる地殻変動の観測(序),西南日本内帯における主要活断層調査,
    西南日本内陸地震予知研究会, 121-124.
  • Kimata,F.,M.Nakamura,R.Miyajima,T.Okuda,Y.Sumino, I.Fujii, M.Satomura, Y.Sasaki, W. Usui and Y.Sasaki,1990,
    Preliminary results of crustal motion monitoring by GPS in central Japan (June 1989-June 1990),
    Proceeding of GPS '90, 630-638.
  • 木股文昭,1990,
    宇宙新技術の測地学的応用-GPSによる地殻変動の観測-,
    名古屋大学理学部技術報告,1,104-107.

1989

  • Kimata,F., M.Nakamura, R.Miyajima, T.Okuda, Y.Sumino, M.Satomura, Y.Sasaki and Y.Sasaki,1989,
    Repeatable measurements of baseline length by Global Positioning System in Central Japan,
    Proceedings of the Japanese symposium on GPS,19-23.
  • Kimata,F.,E,Kawai,S.Miura, I.Murata, S.Okubo, and M.Satomura,1989,
    GPS present status in southeast Asian area and Sumatora campaign,
    Proceedings of the Japanese Symposium on GPS, 35-39.
  • 木股文昭・角野由夫・宮島力雄・奥田隆,1989,
    1000kmをこえる長基線でのGPS干渉測位結果.
    GPS研究会集録,95ー98.
  • 里村幹夫・佐々木祐治・臼井和平・木股文昭・奥田隆・矢吹哲一郎,1989,
    静岡県中西部地域のGPS観測,
    GPS研究会集録,79-84.
  • 中村勝・木股文昭・角野由夫,1989,
    トリンブル4000SDによる1点測位の観測精度,
    GPS研究会集録,186-190.
  • Kimata,F.,Y.Sumino,M.Nakamura,R.Miyajima,T.Okuda,M.Satomura,Y.Sasaki,and Y.Sasaki,1989,
    Repeatable measurements of baseline length by Global Positioning System in Central Japan,
    Proceedings of the GPS Workshop 1989, 114-119.
  • 木股文昭,1989,
    大学におけるGPS干渉測位観測の現状,
    造船技術,22,64-68.

1988

  • Kimata,F.,M.Nakamura,R.Miyajima,T.Okuda,I.Fujii, H.Aoki,1988,
    Measurement of deformation at Yakedake volcano,cenntral Japan(1977-1987),
    Proceedings, Kagoshima International Conference on Volcanoes, 370-372.
  • 木股文昭,1988,
    3衛星しか追跡できない衛星運航下におけるGPS干渉測位の測量精度,
    造船技術,21,52-57.

1987

  • 木股文昭,1987,
    東海地域における地殻変動の検出を目的とするEDMの現状とGPSの応用,
    GPSの測地利用および応用に関するシンポジウム集録,41-49.

1986

  • Yamauchi,T.,F.Kimata,T.Sumino,and H.Aoki,1986,
    Anormalious crustal deformations prior to eartquakes in the Tokai region Central Japan,
    Proceedings of China-Japan Symposium on Earthquake Predicition, 32-42

1985

  • 木股文昭・中村勝・藤井巌・奥田隆・浦川啓・中井専人・青木治三,1985,
    焼岳火山における水準測量・辺長測量,
    昭和59年度科学研究費補助金自然災害特別研究(1)研究成果報告,84-87.

1981

  • 小井土由光・佐々木嘉三・木股文昭,1981,
    概説-阿寺断層,
    月刊地球,3,196-199.

1979

  • 木股文昭,1979,
    御岳山における噴火後の辺長測量,
    御岳山1979年火山活動および災害の調査研究報告, 97-100.

1971

  • 佐々木嘉三・山田功夫・木股文昭,1971,
    岐阜市北部における地震波のみかけ速度とその到来方向について,
    岐阜大学教育学部研究報告, 4, 364-371

地震・火山噴火予知連絡会誌

2004

  • 名古屋大学環境学研究科,2004
    最近20年間の水準・潮位・GPS観測による東海地域の地殻変動と プレート間カップリング -1980-2003年-
    地震予知連絡会会報,72,,424-430.2004
  • 名古屋大学環境学研究科・東京大学地震研究所・京都大学防災研究所 九州大学理学研究科・北海道大学理学研究科,2004
    御岳群発地震域における上下変動(1999-2004年、速報)
    地震予知連絡会会報,72,491-495.2004
  • 名古屋大学環境学研究科,2004
    神津島における上下変動(2000-2004年)
    地震予知連絡会会報,72,292-295,2004

2003

  • 名古屋大学環境学研究科,2003
    御岳群発地震域における上下変動(1999-2003年、速報)
    地震予知連絡会会報,70,117-119.
  • 名古屋大学環境学研究科,2003
    神津島における上下変動(2001-2003年)
    地震予知連絡会会報,70,165-167.
  • 名古屋大学環境学研究科,2003
    1944年東南海地震当日の水準測量から推定するプレスリップ
    地震予知連絡会会報,70,201-203.

2002

  • 名古屋大学環境学研究科,2002
    精密水準測量による御嶽山群発地震域での地殻上下変動 1999-2002年
    地震予知連絡会会報,69,143-145.
  • 名古屋大学環境学研究科,2002
    GPS稠密観測網による伊東周辺域の地殻水平変動 1994年7月-1999年6月
    地震予知連絡会会報,69,230-233.
  • 名古屋大学環境学研究科,2002
    精密水準測量による神津島での地殻上下変動 2000年1月-2002年3月
    地震予知連絡会会報,69,234-236.
  • 名古屋大学環境学研究科,2002
    地殻上下変動から推定する1944年東南海地震以降の東海地域におけるプレート間カップリング
    地震予知連絡会会報,69,334-336.
  • 名古屋大学環境学研究科,2002
    東海地域で繰り返し発生しているスローイベント(1978 - 1996年)
    地震予知連絡会会報,67,238-244.

2001

  • 名古屋大学理学研究科,2001
    水準測量による御岳群発地震域における上下変動 (1999年9月~2001年4月)
    地震予知連絡会会報,66,156-158.
  • 名古屋大学理学研究科,2001
    水準測量による神津島島内の地殻上下変動 (2000年1月~2001年4月)
    地震予知連絡会会報,66,203-205.
  • 名古屋大学理学研究科, 1999
    光波測距・水準測量にもとずく東海地域におけるプレート間相互作用の時間変化(1978年-1997年)
    地震予知連絡会会報.61.327-333.
  • 名古屋大学理学研究科, 1998
    光波測距による東海地域における辺長変化 (1977-1997年)
    地震予知連絡会会報.60.420-421.
  • 名古屋大学理学研究科,海上保安庁水路部,東海大学, 高知大学理学部,国土地理院, 1998
    GPS観測による神津島における地殻水平変動 (1996年7月-1997年7月)
    地震予知連絡会会報,59.235-237.
  • 名古屋大学理学研究科,高知大学理学部,東京大学地震研究所,静岡大学,海上保安庁水路部,1997
    GPS観測による神津島の水平変位(1990~1997年)
    地震予知連絡会会報,58.283-285.

2004

  • 名古屋大学環境学研究科,2004
    最近20年間の水準・潮位・GPS観測による東海地域の地殻変動と プレート間カップリング -1980-2003年-
    地震予知連絡会会報,72,,424-430.2004
  • 名古屋大学環境学研究科・東京大学地震研究所・京都大学防災研究所 九州大学理学研究科・北海道大学理学研究科,2004
    御岳群発地震域における上下変動(1999-2004年、速報)
    地震予知連絡会会報,72,491-495.2004
  • 名古屋大学環境学研究科,2004
    神津島における上下変動(2000-2004年)
    地震予知連絡会会報,72,292-295,2004

2003

  • 名古屋大学環境学研究科,2003
    御岳群発地震域における上下変動(1999-2003年、速報)
    地震予知連絡会会報,70,117-119.
  • 名古屋大学環境学研究科,2003
    神津島における上下変動(2001-2003年)
    地震予知連絡会会報,70,165-167.
  • 名古屋大学環境学研究科,2003
    1944年東南海地震当日の水準測量から推定するプレスリップ
    地震予知連絡会会報,70,201-203.

2002

  • 名古屋大学環境学研究科,2002
    精密水準測量による御嶽山群発地震域での地殻上下変動 1999-2002年
    地震予知連絡会会報,69,143-145.
  • 名古屋大学環境学研究科,2002
    GPS稠密観測網による伊東周辺域の地殻水平変動 1994年7月-1999年6月
    地震予知連絡会会報,69,230-233.
  • 名古屋大学環境学研究科,2002
    精密水準測量による神津島での地殻上下変動 2000年1月-2002年3月
    地震予知連絡会会報,69,234-236.
  • 名古屋大学環境学研究科,2002
    地殻上下変動から推定する1944年東南海地震以降の東海地域におけるプレート間カップリング
    地震予知連絡会会報,69,334-336.
  • 名古屋大学環境学研究科,2002
    東海地域で繰り返し発生しているスローイベント(1978 - 1996年)
    地震予知連絡会会報,67,238-244.

2001

  • 名古屋大学理学研究科,2001
    水準測量による御岳群発地震域における上下変動 (1999年9月~2001年4月)
    地震予知連絡会会報,66,156-158.
  • 名古屋大学理学研究科,2001
    水準測量による神津島島内の地殻上下変動 (2000年1月~2001年4月)
    地震予知連絡会会報,66,203-205.
  • 名古屋大学理学研究科, 1999
    光波測距・水準測量にもとずく東海地域におけるプレート間相互作用の時間変化(1978年-1997年)
    地震予知連絡会会報.61.327-333.
  • 名古屋大学理学研究科, 1998
    光波測距による東海地域における辺長変化 (1977-1997年)
    地震予知連絡会会報.60.420-421.
  • 名古屋大学理学研究科,海上保安庁水路部,東海大学, 高知大学理学部,国土地理院, 1998
    GPS観測による神津島における地殻水平変動 (1996年7月-1997年7月)
    地震予知連絡会会報,59.235-237.
  • 名古屋大学理学研究科,高知大学理学部,東京大学地震研究所,静岡大学,海上保安庁水路部,1997
    GPS観測による神津島の水平変位(1990~1997年)
    地震予知連絡会会報,58.283-285.